読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どらごんぼーる考察

がんだまぁBlogからドラゴンボール記事を移植しました。以後ドラゴンボール考察はここで展開します。

神の域に達することができる既存キャラはどれだけいるか

 「神と神」の時点では、破壊神に対抗できるのは超サイヤ人ゴッドのみであったことから、サイヤ人でなければ神の領域にたどり着けないというイメージがありましたが、「復活のF」ではフリーザ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人級の力を身につけ、「超」では超サイヤ人ブルーでも倒しきれないヒットやトッポ、それ以上の力を持っていそうなジレンが出てくるにあたり、別にサイヤ人でなければ神の領域に達することが出来ないというわけではない、ということが分かってきました。

 そうであるならば、既存のキャラクターにおいても、悟空、べジータフリーザ以外でも神の域にたどり着く可能性のあるキャラがいるのではないかと思い、考えてみました。

 

 まず、率直に思いつくのがセルです。フリーザが可能なのであれば、その細胞に加えてサイヤ人の細胞も持っているセルなら可能でしょう。セルも生まれてから修行などしたことがありませんしね。まぁ、セルが復活するかどうかはまた別の話ですが。

 魔人ブウはどうでしょうか。神の域に達したキャラを吸収すれば可能かなとも思います。自力で修行した「超」ではミスター・ブウの顔のまま筋肉質になることも可能としていましたが、それでどこまで伸ばせるかは謎です。見ただけで敵の技を覚えられる、という意味ではフリーザやセルより才能がありそうですが。

 サイヤ人は6人いればゴッドになれますから、基本的には誰でも神の域に達することができるはずです。そのため、悟飯・悟天・トランクスにも可能性はあります。ただ一時的にゴッドになったとして、そこから神の気をコントロールできるようになるかは、修行次第ですが。まだ小さい悟天とトランクスではちょっと厳しそうなので、現実的な可能性があるのは悟飯(と未来のトランクス)くらいでしょう。

 味方キャラで他に可能性があるのはピッコロです。ピッコロは元・地球の神でもあるので、そういう意味では神の気にたどり着いてもおかしくはない気がします。界王神も神の気を持っているかは微妙なところなので、神だから神の気を操れるというわけでもないのかもしれませんが、ピッコロならそのレベルには十分達することができるように思います。何より、ピッコロが神化すれば再び第一線級に戻ることができるので、ちょっと期待してます。悟飯との修行もそのフラグだと思いたい。

 そうそう、17号もイケてそうなので18号も頑張ればイケるんじゃないでしょうか。前回考察したとおり人造人間も修行すればフリーザ同様神レベルになれる可能性があります。原作が連載されていた頃は、修行したら強くなるという次元を超えてしまって、いかに超サイヤ人をパワーアップさせるかという発想しかありませんでしたが、修行しなそうなキャラが修行するだけで強くなる、というアイデアが生まれてからはいくらでも強いキャラを増やせそうな気がしますね。

 ただまぁ、クリリン天津飯亀仙人はちょっと無理そうです。ジャンプ連載当時ならこの3人が強くなることはあり得ないですし、それくらいなら新キャラを出しているでしょう。ただ地球人は神レベルに達することができないのか、というと必ずしもそうではないような気もするので、作品の都合でどうとでもなりそうな気もします。亀仙人はやたらパワーアップしていますしねぇ。昔は地球の神が人間だった時代もあるでしょうし、純粋な地球人(天津飯は違うんですが)でも神の領域に到達できるキャラは現れるかもしれません。

 

 というわけで、「神の気」という設定が出てきたことで実は過去の色々なキャラをパワーアップさせることができるのかもしれない、というネタでした。最近のドラゴンボールは割と設定がゆるいので十分ありえるんじゃないでしょうか。この頃思っているんですが、原作が強さの序列に非常に厳格だったのは、鳥山明氏本人ではなくジャンプの編集担当の意図によるところが大きかったんじゃないかと感じます。ジャンプの漫画はかなり編集者のアイデアが入っているようですからね。「復活のF」の時の鳥嶋氏のコメントなんか、完全に編集者目線で鳥山明のアイデアを見下していましたので、当時もそういう力関係だったのだろうと思います。

 そういう意味では、もう少し鳥山明氏のアイデアを制御できる人材がドラゴンボールの新作には必要なのかもしれませんね。