読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どらごんぼーる考察

がんだまぁBlogからドラゴンボール記事を移植しました。以後ドラゴンボール考察はここで展開します。

フリーザ兄弟についての考察

 ドラゴンボールの劇場版オリジナルキャラに、フリーザの兄クウラがいます。このクウラは、初期状態がすでにフリーザの最終形態に相当する姿となっているのですが、これが「変身した姿」なのか、「一度も変身していない状態」なのかという点について、上映当時から情報が錯綜していたように記憶しています。

 クウラは劇中、「弟よりあと1回多く変身できる」といって変身しています。そう考えると、すでに初期形態のクウラは、すでに3回目の変身を遂げている状態であると解釈できます。
 しかし、同じ劇中で、クウラは惑星ベジータが破壊された時からその状態でいます。つまり、それから30年近く、変身しっぱなしだったことになります。一体、何故でしょうか。


 ここで、フリーザの最終形態について考えます。フリーザは、最後の変身を行う際、「真の姿」を見せると言っています。また、その後アニメや劇場版において地獄で登場した際、フリーザは最終形態のままでした。普通、変身するタイプのキャラは、死ぬと変身前の状態に戻ります。ザーボンもそうですし、超サイヤ人のまま死んだ悟空も死後は普通の状態に戻っています。しかし、フリーザだけは変身前の状態には戻りませんでした。
 このことから考えるに、フリーザは最終形態こそが基本形態なのだと思います。最初の変身をする際、フリーザが変身する理由を、パワーがありすぎて自分でも上手くコントロールできないから、と言っています。逆に言えば、パワーを抑えるためにわざと「退化」していると言えるのです。そう考えれば、フリーザが死んでも最終形態のままなのもわかります。
 となると、クウラもまた、フリーザと同じ状態こそが通常形態であると言うことができ、そしてフリーザと違いそれ以前の形態になっていない理由も説明できます。クウラは、気のコントロールができるのです。

 フリーザは、気のコントロールが出来ません。だからスカウターを使わないと相手の位置がわからないし、また常に莫大な気を放っているために、地球にやってきた際はまだ宇宙を飛んでいるにも関わらず、地球にいる悟飯たちに接近を感知されていました。
 一方のクウラは、悟空の目の前に現れるまで、だれもその接近に気づきませんでした。これは、明らかに気を消す事が出来ていたと言うことができます。だから、フリーザのように「退化」する必要がなかったのです。

 こう考えれば、原作で誰もがフリーザが宇宙最強であると思っていた理由もわかります。クウラは戦闘力をコントロールできるから、その存在はほとんど知られていなかったのです。また、知られていたとしても、普段戦闘力を抑えているので、フリーザよりも弱いと思われていたのかもしれません。もしかしたら、フリーザさえもそう思っていた可能性もあります。超サイヤ人さえいなくなれば自分が宇宙最強だと思っていたようですからね。

 しかし、クウラは宇宙最強は自分であると自覚していました。フリーザを超える力を身につけていたにもかかわらず、それを隠していたのでしょうね。「能ある鷹は爪を隠す」ってやつでしょうか。
 フリーザは自分の力を誇示するタイプです。わざわざ相手に戦闘力を伝えたり、そのままでも勝てるのにあえて変身したりします。しかし、クウラはそうではなかったのでしょう。そもそも、フリーザの次に強いのはギニューだったわけで、フリーザは変身せずとも戦闘力が53万あるのに対し、ギニューは12万しかありません。ナンバー2でもこれだけの差があるわけですから、クウラもわざわざ莫大な戦闘力を常に発しているのは無駄だと思っていたのかなと思います。

 ところで、クウラはその基本形態からさらに変身します。しかし、死ぬ直前に元の形態に戻っているなど、これは真の姿ではなく、あくまでザーボン同様のパワーアップ形態であると言うことができます。
 おそらく、このクウラの最終形態は、フリーザにおける100%状態に相当するのではないかと思います。フリーザは、100%の力を発揮すると、身体に大きな負担を強いる事になり、長時間この状態でいるとむしろどんどん戦闘力が下がってしまうというデメリットを抱えていました。これに対し、クウラは自分の身体を変身させる事で、100%の力を負担無く長時間維持できるようになっているのではないかと。変身する際はフリーザ100%同様全身の筋肉が膨張していることからも、それが伺えます。
 だとすると、フリーザとクウラの実力差も、実はそんなに大きくないのかもしれません。クウラの方が気をコントロールでき、100%の力もデメリットなく使用できるという意味では明らかにフリーザより優れていますが、最大戦闘力という点では大きく離れていないような気がします。どっちも、結局超サイヤ人の悟空に対しほとんど見せ場を作れず敗れていますし。


 ところで、では父親のコルド大王はどうなのか、という話なのですが、劇中で変身していないので、多分変身できないのだと思います。実力は最終形態のフリーザに比するものがあるようですが、レベルとしてはフリーザの1回目の変身で止まっている、ということになります。
 そう考えると、フリーザも昔は最初の形態で生まれてきたのかも知れません。そして成長していくうちに変身を遂げていき、普段は力を抑えるために昔の形態に戻っていたと。成長のたびに進化するポケモンみたいな種族なのかもしれませんね、フリーザ一家は。