どらごんぼーる考察

がんだまぁBlogからドラゴンボール記事を移植しました。以後ドラゴンボール考察はここで展開します。

神コロ様の戦闘力

ピッコロはセル編後半以降、まともに戦闘に参加することがなかったため、実際のところどのくらいの戦闘力だったのか、いまいち分からないままとなっています。久々に実戦参加した「復活のF」ではフリーザの部下に苦戦するほどで、「力の大会」ではあまりガチ…

人造人間19号と20号の目的は何だったか

以前考察の中で、セル編の登場人物の中で一番目的が不明なのが、実は人造人間19号・20号だったという話をしたことがあります。 17号と18号はそもそも目的がなかったことから、とりあえず造られた目的である悟空の殺害を目指すことにしました。16号もその目的…

アルティメット悟飯から「甘さ」が消えたのは何故か

当時原作を読んでいて違和感を覚えた部分です。 老界王神に潜在能力を限界以上に引き出されてパワーアップした悟飯からは、「甘さ」が消えていました(ピッコロ評)。 超サイヤ人に変身する必要がない(=興奮状態にならない)上に、怒って覚醒しているわけ…

未来トランクスに見るベジータの面影

未来のトランクスは、物心ついたときからベジータが死亡しており、悟飯に鍛えられて育ったので、心優しく真面目な好青年であり、とてもベジータとは似ていないというイメージを持たれていますが、そんな彼にも結構ベジータっぽい側面があります。 (1)敵は…

悟空と悟飯にとっての「仲間の死」

悟空がクリリンの死に対する怒りによって超サイヤ人に目覚めたのは有名な話ですが、リアルタイムで漫画を見ていた当時、「クリリンなんて前も死んだしその後も色んなキャラが死んだし唐突じゃね?」と思っていた小学生の自分がいました。 ただ、改めて悟空の…

孫悟空の驕り

「復活のF」で、悟空は自分の力に自信がありすぎるあまり、油断しすぎる傾向があるとウイスに指摘されていました。しかし、過去の作中の悟空の振る舞いからが、そこまで悟空が油断をするという描写はないような気がします。 実際の悟空の振る舞いを思い返し…

悟飯は何故超サイヤ人2に覚醒できたか

悟飯が怒りによって秘められた力を目覚めさせ、超サイヤ人2になってセルを倒すというのが、セル編の終盤の展開ですが、その後悟空とベジータも自力で超サイヤ人2に変身できるようになっています。決して悟飯が地球人とサイヤ人の混血だったり、それが故に幼…

「ベジータゴッド」から考えるベジータの性格

映画「ブロリー」において、アニメでは初めて超サイヤ人ゴッドのベジータが登場しましたが、個人的には、このベジータゴッドの印象が非常に強く残りました。何故かと言うと、非常に落ち着いた、冷静な態度で戦っていたからです。 悟空のゴッドにおいても、い…

ピッコロにとっての悟飯

悟飯とピッコロと言えば師弟関係です。 そして悟飯にとっては、ピッコロは師匠であり、父親よりも父親らしい存在であり、ピンチの時には必ず助けに来てくれる(劇場版限定)存在でした。 アニメではピッコロのことを「おじさん」と呼ぶことがあったなど、悟…

超サイヤ人ゴッド覚醒後の、金髪・赤髪・青髪の区別

「神と神」で悟空が超サイヤ人ゴッドに変身した後、その力を取り込んだことにより、通常の超サイヤ人でもゴッド級の戦闘力を発揮できるようになりました。また、通常形態でも神の気の練り方を得たことにより、超サイヤ人3以上の戦闘力を発揮できるようになっ…

新旧ブロリーの描かれ方を比較する

予告通り、新旧それぞれの劇場版におけるブロリーの扱いの差について比較してみようと思います。 (1)幼少時の扱い パワーが高すぎてベジータ王から追放、というくだりは同じですが、旧劇場版では「赤ん坊の時点で戦闘力1万」という扱いだったのに対し、新劇…

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」感想

見てきました。 このブログ的には、ブロリーの強さの根拠を鳥山氏がどのように説明してくるかに注目していたのですが、明示してくれたので考察のしがいがあります。ありがたいことです。 その辺は後述するとして、作品自体の感想から先に。 一言で言えば、「…

孫悟飯はどうすれば主人公であり続けられたか

悟空の息子・悟飯というキャラクターは、少年時代は「悟空以上の力を秘めているが、その力をコントロールできず激怒したときに瞬間的に発揮するだけ」というのが個性のキャラクターでした。その特性はピンチの度に幾度となく発揮するも、劣勢を覆すほどの活…

「神と神」以降の世界観が示したセル編・ブウ編の「デフレ」

「神と神」以降登場した「神の領域」により、ブウ編までの強さはカスみたいなものだったというレベルのインフレが発生しましたが、「力の大会編」では神の領域の強さが曖昧となり、戦闘力の高さの基準が良く分からなくなってしまった部分があります。 ドラゴ…

「悟空とベジータの共闘」という特殊なシチュエーションについて

「ドラゴンボール超」では割と悟空とベジータが一緒に敵と戦う、というシチュエーションが発生していました。未来でのザマス戦でもそうですし、ジレン戦でもそうでした。しかし、悟空とベジータが「共通の敵と一緒に戦う」ということを行ったことは、原作で…

クリリンというキャラクターの位置づけの変遷

クリリンと言えば、ドラゴンボールにおける名脇役の1人として有名ですが、その立ち位置は割とシリーズごとに変化しています。その変化を追いつつ、クリリンというキャラクターについて少し掘り下げてみようと思います。 (1)少年時代:主人公の同門、ナンバー…

人造人間・セル編の本当の悪役は誰か

たまたまドラゴンボール改をCS放送で見ていて思ったのですが、やっぱり人造人間ってあんまり悪役っぽくないんですよね。 例えば17号・18号は、誰も殺してないんですよ。悟空を殺すという造られた目的を果たすために行動してはいるものの、その過程で車を奪っ…

戦闘力をコントロールして戦うということ

サイヤ人編~フリーザ編において、地球人は戦闘力をコントロールできる特殊な民族であるという説明がされていました。これに対し、フリーザ軍関係者はコントロールが出来ないので、スカウターで大体の戦闘力がわかる、という描写がされていたわけですが、実…

ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編 反省会

ドラゴンボール超の宇宙サバイバル編が完結しました。 このシリーズは、開催前の戦いや前日談の時点で敵味方の強さが曖昧で、その時の演出でいくらでも強くなったり弱くなったりするので、そこに強い抵抗感を持っていたのですが、最後の纏め方はしっかりして…

「修行をすればするだけ強くなる」のがドラゴンボールの世界

原作で限界を極めた悟空の、さらに上の領域として設定されたのが、「神」の領域です。神の気を持つ者はそれまでの魔人ブウまでの基準では全く太刀打ちできず、同じ神の気を得ないと対等には戦えない、というのが「神と神」で示されたラインでした。 しかし、…

トランクスが歴史を変えても変わらなかったもの~DB世界の因果律?

トランクスが未来からやってきたことで、悟空は病死を回避し、人造人間にだれも殺されず、やってきたセルさえも倒すことができました。歴史は大きく変わり、トランクスのいた世界よりも平和な未来を実現することができましたが、魔人ブウ編まで含めて考える…

成長した悟飯は本来どのようなキャラになるべきだったか

ドラゴンボール超の宇宙サバイバル編があまりにもご都合主義過ぎて思考停止に陥っていたのでしばらくネタが浮かびませんでした。とりあえず悟飯が落ちてサバイバル編の扱いに区切りが付いたので悟飯ネタで行こうと思います。 というのも、制作側がすごく悟飯…

ビルスは何故超サイヤ人ゴッドと戦いたがったか

破壊神ビルスは、あまり仕事熱心な神ではありません。その責務を果たさないがために、魔人ブウの暴走もフリーザの跳梁も許してしまっています。しかし、そのビルスが長い眠りから覚めてまで戦いたがったのが、超サイヤ人ゴッドでした。 決してサイヤ人ではな…

ドラゴンボールにおける、漫画とアニメの演出の違い

ドラゴンボール超のバトルロイヤル編、最強クラスのキャラが力を温存しながら戦っていたり、弱小キャラが活躍していたりと、各キャラの強さのバランスが良く分からない印象が非常に強くなっています。 ただ、これは漫画とアニメの性質上の違いで仕方ない部分…

何故第7宇宙には大界王神と4人の界王神がいたのか

「ドラゴンボール超」において各宇宙に一人ずつ界王神と破壊神がいることになったことにより、魔人ブウ編において過去に存在したとされた「大界王神と東西南北の界王神」の設定がほぼなかったことになってしまいました。しかし、この設定なくして魔人ブウの…

未来の悟飯は何故生き残れたか

未来世界では、人造人間に大半の戦士が殺され、唯一生き残った悟飯がトランクスを鍛えるという背景が明確な現代との違いになっていました。 ところで、人造人間たちとの戦いで、何故悟飯だけが唯一生き残ることができたのでしょうか?ピッコロあたりがかばっ…

ドラゴンボールGTの思い出

ドラゴンボール超は原作っぽくない側面を見せる度に批判されることを避けられませんが、そういう批判が出ると同時に、「GTよりはマシ」という意見と、「これより酷かったGTってどんだけだったんだよ…」というGTを知らない世代の意見が垣間見えたりします。 …

セルは何故倒されねばならなかったか

ドラゴンボール超ではフリーザの復活が話題ですが、まだフリーザよりセルの方が味方にしやすいんじゃないかという意見もちらほらありました。実際、セルは明確に悟空たちと敵対する理由が、実はそんなにありません。 ピッコロ大魔王は世界を明確に征服しよう…

べジータは何故ブウへのとどめに元気玉を提案したのか

魔人ブウへの決め手として、元気玉を提案したのはべジータでした。これって当時から結構疑問に思った人が多かったんじゃないかと思います。べジータは確かに元気玉を受けたことがありますが、技の名前も原理もちゃんと知らなかったはずです。その後地球に居…

神の域に達することができる既存キャラはどれだけいるか

「神と神」の時点では、破壊神に対抗できるのは超サイヤ人ゴッドのみであったことから、サイヤ人でなければ神の領域にたどり着けないというイメージがありましたが、「復活のF」ではフリーザが超サイヤ人ゴッド超サイヤ人級の力を身につけ、「超」では超サイ…